便秘気味のダイエッターなら注目しよう!!食べるエステ!?雑穀の力

炭水化物を食べてもキレイにやせよう

雑穀とは日本人の主食となっている米、小麦以外の穀物の総称です。日本で昔から食されてきたもののほかに、南米が原産地のものなどさまざまな種類があるのですよ。雑穀は白米に混ぜて炊くのが手っ取り早く、食べやすくなっています。しかも、カロリーはほとんど変わらないのに、ビタミン、ミネラル、食物繊維の数字がすべてあがるので、便秘気味のダイエッターにはもってこいの食材です。さらにダイエット中はお肌もあれがちですが、美肌効果もあるのでとても魅力的といえますね。

まずは大麦で排出しやすい体に変身

雑穀を混ぜたごはんはよく噛むことになるので、あごの筋肉をつかい顔のたるみ予防にもなります。また、胃や腸が活発になるので消化力がアップして便秘が改善されます。まずは便秘を解消して体重を減らしたいのであれば、大麦がいいでしょう。白米の約20倍の食物繊維が含まれていて、不溶性と水溶性のバランスがいいのが魅力ですし、不要な水分を排出してくれるカリウムなども豊富ですから、ダイエットの基本、無駄なものを出しやすい体にするにはもってこいの雑穀ですね。

ダイエットの心強い味方

雑穀は毎日食べ続けることが大事です。様々な種類があって、栄養素や期待できる効能が違うので、自分の状態にあわせてチョイスしてみましょう。国産の雑穀はとにかく味が濃くておいしいのが特徴で、基本的に無農薬ですから安心安全です。ダイエットの味方となってくれるのが、きびという雑穀になります。新しいお肌やエネルギーをつくりだす補酵素になるマグネシウムや脂質の代謝を促すビタミンB2を多く含んでおり、色もふわっとした触感も卵ににているので、卵料理のかわりやスイーツに使うといいでしょう。良質なたんぱく質が多いのに脂質が少なく低カロリーなので、まさにダイエットのための雑穀に相応しいといえます。

フェアリーレシピはパスとアップを目的に開発されたサプリメントです。夏に向けてボディラインを作ることが出来ます。