レーザー脱毛には種類がある!それぞれの特徴を知ろう

どの肌タイプにも使うことができるものがある

レーザー脱毛には種類があり、その中にはアレキサンドライトレーザーというものがあります。このアレキサンドライトレーザーというものは、アレキサンドライトという宝石を使ってメラニン色にのみ効果のある光を出すことができる機器であり、これを使って毛根を除去することが出来ますよ。このレーザーはあらゆる肌タイプに適用している脱毛機器としての認可を受けているのです。また、肌にできてしまったシミやあざを改善することができるという効果もあります。

産毛や細い毛に効果のあるレーザー

レーザー脱毛は基本的に黒いものに反応するという効果があるので、細い毛や産毛などにはあまり効果が実感できませんでしたが、ダイオードレーザーを使うことによりそれらの毛も処理することができるようになりました。ダイオードレーザーには、皮膚へのダメージを軽減することができる集中冷却システムというものが搭載されているのです。また、着色色素がある日焼けした肌などにも対応しているという特徴があるので、そういう方も安全に脱毛できますよ。

日本人の肌に適しているレーザーがある

ダイオードレーザーの中でも高性能なものでライトシェア・デュエットというレーザーがあります。これは日本人の肌質に対応しているレーザーであり、毛量にも適しているのです。このライトシェア・デュエットは照射口が大きく、非常に広い範囲の処理を実現しているので、かなり短時間で処理をすることができるという特徴がありますよ。他にも痛みを軽減するという効果もあるので、ほとんど痛みもなく快適に脱毛をすることが出来ます。

病院などで行われるレーザーを用いた脱毛方法のことをレーザー脱毛と呼びます。使われるレーザーの種類は様々です。